さまざまな歯ブラシ

 

ある会社では、光と水で歯を磨くというモチーフで、独自のシステムを開発して、歯ブラシを販売している、ということもあります。

これについてはあまり世の中に知られていないのが残念であるくらいに効果の高いものであるとも聞いたこともありますし、おすすめです。

いわゆる、光触媒と呼ばれるものですが、これは、殺菌作用などがあることが、よく知られているようです。

光触媒を、歯ブラシに搭載することで、歯に沈着したプラークなどを、しっかりと、削ぎ落とすことができるとされています。

このような技術は、特許を取ったりもしているようで、しっかりとした信頼が得られている様子も伺えます。

また、値段も、かなり控えめとなっているので、気になる方は、インターネットで調べてみると、いいかもしれませんね。

 

また、歯ブラシとセットで使うものといえば、歯磨き粉です。歯磨き粉の中には、歯を綺麗にするために、歯を削る成分などが配合されているものが、近年増えてきている、と言われることが多くなってきました。

そのようなものというのは、長い間、使い続けた場合の、デメリットについては、あまり考えられていない、ということも実情だと、言えるでしょう。

このようなものを、長い間使い続けてしまった結果、どのような事態を引き起こすかということは、想像に難くありません。

ヤスリで、歯を削り続けるようなもので、歯のエナメル質を削ってしまい、その部分に、ばい菌などが入ってしまえば、良くない事態を、引き起こしかねない、ということもあげられるでしょう。

電動歯ブラシなど

 

忘れてはならないのが、最近、流行りの電動歯ブラシです。

電動歯ブラシは、持っているだけで、自動に歯が磨けるため、簡単に歯を磨くことができる、便利な機械だ、という風に、思っている人も多いかもしれませんが、実は、ある民間団体の調査によれば、電動歯ブラシでも、適切に使わなければ、電動ではない、普通の歯ブラシよりも、磨けない場合がある、ということが、データとして示されているようです。

電動歯ブラシは、確かに、手による磨き方では出せない、振動や、動き方によって、プラークをかき出すことができる、という風に言われていますが、その機能も、適切に使わなければ、全く生かすことができない、ということなのです。

爽快感などが先走ってしまい、適切に処理することができない、ということにもつながりかねない、ということに注意しておきましょう。

 

他にも超音波歯ブラシ、と言われるものもはやっていますが、そのようなものも全く同じで、説明書などに従って、適切に、ブラッシングをしなければ、十分に磨くことはできない、ということは、わかってることが、重要だと言えるでしょう。

 

また最近では、歯ブラシによるブラッシングを終えた後に、フッ素を歯に付着させることで、虫歯を予防するというような手段が、とられることも、多くなってきました。

 

昔とは異なって、虫歯が予防できる病気になりつつあるということはとても素晴らしことであると言えるでしょうね。