カテゴリーアーカイブ: Uncategorized

歯ブラシの頭部

歯ブラシの頭部は専門的見地からとそれに伴う加工技術の向上とが重なり、年々小さくなり、狭い口腔内での操作性が向上しています。また、現在では毛先を使うブラッシング方が重視されるようになり、植毛の長さは短くなってきています。

植毛部、刷毛部の形態、毛束の刈り込み方、毛先の形態、刷毛の太さ・長さ・硬さ・性状などに様々な工夫がなされた歯ブラシが製造・販売されています。

【植毛部の形態】

植毛部を側面から見た形態には、基本的には直線型、中央部が曲線を描きながら凹んでいる凹彎型、中央部が曲線を描きながら盛り上がっている凸彎型の3つに大別されます。他にもタフト型、傾斜型など細かく分類されます。

  • 密毛型
    毛束間が近接しており、歯と歯の隣接面などには到達しにくい。
  • 直線平切り型、直線段切り型
    両者に特に差はみられない。どちらも刷毛の接触面が一直線なため、口腔の全ての部位へ到達しやすく、この型は市販の歯ブラシに最も多い。
  • 扇状型
    密植のものが多く、刷毛の接触面が広がって扇形(放射形)になっているもの。この型は天然毛の歯ブラシに多く、今ではあまり見られない。
  • 傾斜A
    刷毛部先端の毛丈が短く、かかとの毛丈が長くなるように刷毛の接触面が傾斜している。最後臼歯の頬側や咬合面に入りやすく、乳幼児歯ブラシに用いられたが現在はほとんど見られない。
  • 傾斜B
    傾斜A型と逆の傾斜になっており、最後臼歯の遠心面や孤立歯の清掃に適している。
  • 凸型
    舌、口蓋側には適合するが、頬側の歯列の彎曲には適合しない。凹型と同様にあまり見られない。
  • 波状型(凹凸混合型)
    歯列の曲線に合わせて各歯列に合うように凹凸型を組み合わせて考えられた。実際には歯の表面への到達制が不規則なため用いられない。
  • 山切り型
    歯と歯の隣接面に適合し、その部分の清掃には適しているが、歯頸部の清掃効果がよくないことからすべての歯の清掃には適していない。矯正用歯ブラシにこの型のものがある。
  • プロフィラクチック型(房状端傾斜型)
    先端の毛束が房状になっているため全体の型は凹彎型になり、唇頬側への適合が良い。また房状部分が咬合面や最後臼歯の遠心面などに適合しやすくなっている。しかし1本の歯ブラシに2つの形態を組み込んでいるため歯ブラシが大きくなり、挿入しにくく使いにくいなどの問題がある。
  • タフトオンリー型(房状型)
    特定の部位を清掃するために用いられ、歯と歯の隣接面や最後臼歯の遠心面、矯正装置の清掃に適している。
  • ワンタフトオンリー型
    特定の部位を清掃するために用いられ、歯と歯の隣接面やとくに歯周ポケットや最後臼歯の遠心面、矯正装置のあるところの清掃に適している。

清掃部による歯ブラシの分類

【歯肉溝、歯周ポケット】

歯肉を傷つけずに、毛先が歯肉溝や歯周ポケット内に入り込めるように、テーパード毛、先端極細加工毛が用いられている歯ブラシが使用されます。

ラウンド毛と段差植毛されているものもあり、歯の表面に直角に当てると短いラウンド毛が歯の表面を、長いテーパード毛が歯周ポケットに到達するように作られています。

【舌】

舌表面の舌乳頭に、分泌物や細菌、食物残渣などが沈着してできた泥状の舌苔(ぜったい)は、口臭の主な原因で細菌の温床となるばかりではなく、味覚の低下を招くことがあります。

舌清掃専用の用具にはへらタイプとブラシタイプの2種類がありますが、それぞれの特徴を把握して、使用者が使用しやすいものを選ぶことが大切です。

歯ブラシの構成と選びかた

それでは、歯ブラシの選び方はどのようにしたら良いのでしょう。

それにはまず、歯ブラシの構成を知る必要があります。

歯ブラシは、ナイロン毛あるいは天然毛を植毛してある頭部、握る部分の把柄部(はへいぶ)、頭部と把柄部をつなぐ頸部から構成されています。

頭部には刷毛と刷毛を植え込んだ植毛部があります。刷毛の毛先、先端をつま先、後端をかかとと呼びます。各部位の詳細な説明は後述を参考にしてください。

では、歯ブラシの選び方ですが、まずは前述した「歯ブラシの所要条件」を満たしていることが前提となります。

【歯ブラシの所要条件】

  1. 口腔内で手軽に効果的に使用し得るもので、複雑な操作を必要としないもの
  2. 刷毛面は、歯の露出面、特に隣接歯間部にも到達して清掃でき得るもの
  3. 各毛束も感覚が十分にあいていて、容易に清掃ができ得るもの。また、毛束と植毛部は密着していて、汚物などの入らないようになっていること
  4. 把柄や刷毛の質は丈夫で変形がしにくいものであり、また、植毛が強固で、使用時に破折や脱落をしないものであること
  5. 有害物を溶出したり、歯質や軟組織を破壊しないこと
  6. 特別な効果を標榜するものは、その理由が明示されていることが望ましい

これは厚生省(現在の厚生労働省)がまとめた『歯口清掃指導の手引き』によって明示されています。

日本で市販されている歯ブラシは、法律によってその安全性と所要条件が満たされ、またJIS(日本工業規格)によって品質も保証されています。

それらを踏まえた上で、この項目では歯ブラシの構成と、歯ブラシの選び方を細かく解説していきましょう。

歯ブラシの歴史 近代・現代2

一方、すべてが手工業であった歯ブラシ製造も、明治17年頃、綿撚車の回転を応用して穴あけが機械化されるようになりました。そしてその後、植毛の機械化では明治の後半から植毛機が輸入されはじめ、大正から昭和にかけて開発も行われました。その間、生産量が多くなると農家の副業として、明治26年頃から歯ブラシの植毛技術指導が行われて製造されていきました。

歯ブラシの生産の本格的な機械化、材料などの盛んな研究開発は戦後にこそあったと思われます。そして、生産する側にとっては、何よりも大量に生産することができる樹脂とナイロンの出現は画期的であったでしょう。樹脂とナイロンの歯ブラシが販売されるようになったのは、昭和26年頃のことだったようです。

最初の樹脂は尿素樹脂で、セルロイドなどと異なり、牛骨に近くて熱に強いことが重視されたようでした。そして樹脂やナイロン毛も、より良いものへと改良されました。このような研究開発の要素に、さらにブラッシング方法などが加えられるようになってきました。その最初が、ローリング法用として出された歯ブラシです。

このようにして、現在の日本の歯ブラシは、明治・大正・昭和・平成へと時代とともに歩んできたのです。

歯ブラシの名称

今では当たり前のようにそう呼んでいる「歯ブラシ」という呼称も、明治時代にはマイナーな呼び方でした。当時は西洋歯ブラシの存在も知られるようになっていましたが、依然として「楊枝」と呼ばれていたのです。ただ構造は西洋歯ブラシと同様のものを使っていました。これを裏付けるのが、明治時代に催された内国勧業博覧会に関する記録です。それによれば、博覧会に出品された歯ブラシは「横楊枝」と名付けられていました。その博覧会が影響したかは定かではありませんが、大正時代に差し掛かる頃から徐々に西洋歯ブラシが量産されるようになり、名称も「楊枝」から変化していきました。歯ブラシという名称が定着し始めると、西洋に倣って豪華な造りのブラシも製造されるようになりました。例えば象牙や牛骨が材料として使用されたこともありました。ただこの頃はまだ現代の歯ブラシとは細かな造りを異にするものだったと言われています。さて、歯ブラシの歴史をもう少し深く探ってみましょう。世界的には、柄部と植毛部から成るあの形態の歯ブラシが使われ始めたのは10世紀だとされます。中国の遺跡で発見されたものがそれで、西洋も同時期に同じ形態の歯ブラシを使用していたかどうかは分かりません。因みに西洋で歯ブラシの存在を確認できるのは17世紀以降のことであり、それ以前の歯磨き文化は謎に包まれています。日本でも近代以前にどのように磨いていたのかは定かではなく、歴史家の解明が待たれるところです。では日本で歯ブラシの本格的な製造が始まった頃、メーカーは何を契機に生産を決意したのでしょうか。歯ブラシ製造の背景に西洋文化の流入があったことは間違いありません。当時の日本人がどのように感化されたのかは分かりませんが、そもそも江戸時代までブラシの文化自体が無かったことから、維新政府が積極的に商人に働きかけ、木製のブラシを制作させたことが契機になったと考えられます。つまりブラシそのものの開発が始まったことで、歯ブラシもまた量産の対象になったのです。量産が始まってすぐにブラシの文化に慣れたわけではなく、多くの日本人は試行錯誤を繰り返しながら洋式化を推し進めていきました。ブラシを心から必需品だと考えられるようになるには数十年を要したのです。

歯ブラシの名称

今では当たり前のようにそう呼んでいる「歯ブラシ」という呼称も、明治時代にはマイナーな呼び方でした。当時は西洋歯ブラシの存在も知られるようになっていましたが、依然として「楊枝」と呼ばれていたのです。ただ構造は西洋歯ブラシと同様のものを使っていました。これを裏付けるのが、明治時代に催された内国勧業博覧会に関する記録です。それによれば、博覧会に出品された歯ブラシは「横楊枝」と名付けられていました。その博覧会が影響したかは定かではありませんが、大正時代に差し掛かる頃から徐々に西洋歯ブラシが量産されるようになり、名称も「楊枝」から変化していきました。歯ブラシという名称が定着し始めると、西洋に倣って豪華な造りのブラシも製造されるようになりました。例えば象牙や牛骨が材料として使用されたこともありました。ただこの頃はまだ現代の歯ブラシとは細かな造りを異にするものだったと言われています。さて、歯ブラシの歴史をもう少し深く探ってみましょう。世界的には、柄部と植毛部から成るあの形態の歯ブラシが使われ始めたのは10世紀だとされます。中国の遺跡で発見されたものがそれで、西洋も同時期に同じ形態の歯ブラシを使用していたかどうかは分かりません。因みに西洋で歯ブラシの存在を確認できるのは17世紀以降のことであり、それ以前の歯磨き文化は謎に包まれています。日本でも近代以前にどのように磨いていたのかは定かではなく、歴史家の解明が待たれるところです。では日本で歯ブラシの本格的な製造が始まった頃、メーカーは何を契機に生産を決意したのでしょうか。歯ブラシ製造の背景に西洋文化の流入があったことは間違いありません。当時の日本人がどのように感化されたのかは分かりませんが、そもそも江戸時代までブラシの文化自体が無かったことから、維新政府が積極的に商人に働きかけ、木製のブラシを制作させたことが契機になったと考えられます。つまりブラシそのものの開発が始まったことで、歯ブラシもまた量産の対象になったのです。量産が始まってすぐにブラシの文化に慣れたわけではなく、多くの日本人は試行錯誤を繰り返しながら洋式化を推し進めていきました。ブラシを心から必需品だと考えられるようになるには数十年を要したのです。

歯ブラシの名称

今では当たり前のようにそう呼んでいる「歯ブラシ」という呼称も、明治時代にはマイナーな呼び方でした。当時は西洋歯ブラシの存在も知られるようになっていましたが、依然として「楊枝」と呼ばれていたのです。ただ構造は西洋歯ブラシと同様のものを使っていました。これを裏付けるのが、明治時代に催された内国勧業博覧会に関する記録です。それによれば、博覧会に出品された歯ブラシは「横楊枝」と名付けられていました。その博覧会が影響したかは定かではありませんが、大正時代に差し掛かる頃から徐々に西洋歯ブラシが量産されるようになり、名称も「楊枝」から変化していきました。歯ブラシという名称が定着し始めると、西洋に倣って豪華な造りのブラシも製造されるようになりました。例えば象牙や牛骨が材料として使用されたこともありました。ただこの頃はまだ現代の歯ブラシとは細かな造りを異にするものだったと言われています。さて、歯ブラシの歴史をもう少し深く探ってみましょう。世界的には、柄部と植毛部から成るあの形態の歯ブラシが使われ始めたのは10世紀だとされます。中国の遺跡で発見されたものがそれで、西洋も同時期に同じ形態の歯ブラシを使用していたかどうかは分かりません。因みに西洋で歯ブラシの存在を確認できるのは17世紀以降のことであり、それ以前の歯磨き文化は謎に包まれています。日本でも近代以前にどのように磨いていたのかは定かではなく、歴史家の解明が待たれるところです。では日本で歯ブラシの本格的な製造が始まった頃、メーカーは何を契機に生産を決意したのでしょうか。歯ブラシ製造の背景に西洋文化の流入があったことは間違いありません。当時の日本人がどのように感化されたのかは分かりませんが、そもそも江戸時代までブラシの文化自体が無かったことから、維新政府が積極的に商人に働きかけ、木製のブラシを制作させたことが契機になったと考えられます。つまりブラシそのものの開発が始まったことで、歯ブラシもまた量産の対象になったのです。量産が始まってすぐにブラシの文化に慣れたわけではなく、多くの日本人は試行錯誤を繰り返しながら洋式化を推し進めていきました。ブラシを心から必需品だと考えられるようになるには数十年を要したのです。

歯ブラシの歴史 近代・現代1

この時代はコッホやパスツールらによる細菌学の発展にはじまります。この細菌学の発展とともに、19世紀の中頃から数多くの病原菌が発見され、歯科医学においても今日の口腔衛生の基盤となる口腔細菌が発見されています。

日本では19世紀後半から諸外国との交流が盛んになり、歯科医学においてはアメリカからの影響が非常に強かったようです。19世紀後半頃までは江戸時代にみられた「楊枝」、房楊枝や爪楊枝での歯や舌の清掃が盛んでした。しかし、明治になって西洋文化の影響を受けるようになり、歯ブラシが製造・販売されるようになりました。

初期の歯ブラシは鯨の鬚の柄に馬毛を植えた幼稚なものでしたが、明治1516年頃から牛骨が使われるようになり、大正4年頃にはセルロイドへと移行していきました。しかし、第二次世界大戦の戦中から戦後にかけてセルロイドが爆弾に使われるようになったことから全く手に入らなくなり、また木や竹を使用するように戻ったと言います。

植毛に国内で豚毛を使うようになったのは関東大震災の後で、それまで使われていた牛や馬の毛が不足したことから、その代わりに使われるようになったようです。

歯ブラシが一般に普及し始めたのは明治20年代の前半頃と考えられています。そして清掃用具として完全に位置付けられたのはその後半からと思われます。また、この頃には盛んに歯の清掃とともに舌の清掃が行われており、昭和の初期まで歯ブラシの把柄を薄くしてヘラ状にした舌かき歯ブラシが売られ、明治から大正にかけて盛んに使われていたようです。

海外の製品

インターネットでのオンラインショッピングの発達によって、海外製の歯磨き粉や、歯ブラシなども、簡単に手に入るようになりました。

その結果、外国人の口には合うが、日本人の口には合わない、非常に効果の強い、口腔器具などが簡単に手に入るようになってしまったことは、メリットとデメリットが同時に存在していると言えるでしょう。

メリットとすれば、非常に安く、海外の人気商品が、手に入るということが、挙げられるかもしれません。デメリットとすれば、効果が強く、医学的な保証がほとんどされていないような商品まで、手に入れようと思えば、手に入れられるということです。

このような、海外製の歯ブラシ用品などは、初めから、全てを信用してしまうのではなく、慎重に扱うことが、重要だと言えるでしょう。

結局のところ、このような商品というのは、大きな宣伝文句を打ち出して、非常に効果がある、などという風に、誘い文句が歌われていることも多いため、安易に買ってしまいがちですが、日本メーカーのものの方が、日本人の体質に合うように、検査もしているでしょうし、そちらをおすすめしたいところです。

それでも、海外製のメーカーのものが、試してみたいという人は、買った商品などを、歯科医院などに持って行って、信頼がおける商品か、どうかを、判定してもらうのが、いいかもしれませんね。

爽快感に注意

 

最近、販売されている、歯磨き粉の中には、とにかく、口の中がすっきりするように仕向けられた成分が多く、あまり磨いていないけれども、爽快感だけは、口の中にたくさん残っている、という風になってしまうものも多いのです。

自分自身のブラッシング以上に、爽快感が得られてしまうということは、歯が綺麗になったという風に錯覚しがちなので、特に、注意しておくことが必要だと言えるのではないでしょうか?

実際のところ、このようなブラッシングを続けてしまえば、歯ブラシをするたびに、歯はすっきりするけれども、全く、口腔環境が汚い状態が続いてしまうということにも、なりかねません。

歯磨き粉の中には、他にも、美白成分を多く配合している、などという風に歌っているケースも、まれにはあるようですが、一口に、これらを信頼してしまってはいけません。

はっきり言って、美白成分が含まれているようなものは、歯科医師の許可なく、配合できないものなどもありますので、信用しない方が良いとも、言えるのではないでしょうか。