カテゴリーアーカイブ: Uncategorized

子供の虫歯治療に用いる麻酔

子供が虫歯になってしまった場合、虫歯の治療をする必要があります。しかし、子供に麻酔をしてもいいのか分からなくて不安だと言う方はたくさんいます。この文章では、子供の虫歯治療に用いる麻酔について解説していきます。
まず、そもそも虫歯治療では、必ず麻酔をするわけではありません。虫歯があまり進行していない場合は、麻酔をせずに治療します。虫歯の部分を取り除いて、詰め物することは、麻酔なしでもできるからです。ただし、虫歯が神経まで進行していた場合は、麻酔が必要です。子供の虫歯治療では、大人と同じ局所麻酔を行います。歯茎に注射するため、子供は恐怖を感じる可能性があります。しかし、麻酔自体が子供に悪影響を及ぼすわけではありませんので安心してください。また、歯科医院によっては子供に局所麻酔をする前に、表面麻酔という軟膏を注射針を刺す部分に事前に塗っておくことで、注射の痛みを軽減するという方法を行います。子供に麻酔をすること自体には基本的にデメリットがないため安心して行いましょう。

薬用ハイドロキシアパタイトの概要や働きについて解説します

薬用ハイドロキシアパタイトの概要は、リン酸とカルシウムから合成され歯を構成する天然ハイドロキシアパタイトに極めて近い組成になります。薬用ハイドロキシアパタイトは、歯に直接作用してなじみやすいミネラル成分になり、1993年に虫歯予防の成分として認可を受けています。薬用ハイドロキシアパタイトには3つの働きがありエナメル質を整えることができます。1つ目は虫歯や歯周病の原因になる歯垢を除去して口腔内をきれいにする働きがあります。2つ目は歯の表面についている虫歯ではないミクロの傷を埋めて、なめらかな表面にすることで歯垢や着色をつくのを防ぐことができます。3つ目は歯から溶けだしたミネラル成分を補充して、再石灰化を促すことで初期虫歯を予防する効果があります。

痛いサインは歯科医とのファーストコンタクトのタイミング

なにもしていないの痛い、冷たいものを飲むとしみる、咀嚼のたびにズキズキ痛むなど痛みを感じたら歯科医とのファーストコンタクトの時です。これを放置してしまうと、最悪の場合痛みが神経まで達し、抜歯しなければいけない可能性があります。少しでも痛みなど異変を感じたら、大野歯科医院に相談に行くと良いです。自分では虫歯が原因で痛いのだと感じていても、実は歯周病の可能性もあります。いずれにしても、早期発見早期治療にこしたことはなく、それを心がけるだけで予防歯科ともなります。エアフローやPMTCを施術するだけでも、痛みが和らぎ歯を健康に導くこともできるようになるんです。苦手意識を持たず、歯の健康維持には受診が何より大事です。

歯の根管治療の必要な期間と回数とは

虫歯が酷くなった場合根管治療を行うと伝えられることがあります。この根管治療は歯を残すために必要な治療の一つであり、細菌に汚染されてしまった歯の神経を取り、根を消毒する作業になります。歯の神経を取り除いたとしても根の中を消毒しないと痛みは改善されませんし、血管から細菌が入り込まないようにしなくてはならないため大変重要な治療です。
歯の根管治療の必要な回数は、2回から4回程度となります。歯の状況にもよりますが、一度治療をした歯が再び細菌に感染した場合はさらに時間がかかります。必要な期間は回数の間を1週間から2週間ほどあけるため2週間から1ヶ月程度となります。頻繁に通う必要がありますが1回の治療時間は短いため、生活にさほど支障はでません。

歯の根を治療する根管治療の方法

根管治療は神経があるかないかによってその方法がことなります。神経が残っている歯に行うのは初根管治療か付随治療となり、神経をすでにとっている場合は感染根管治療が行われます。
神経が残っている場合、まずは虫歯をきれいにし汚染されている神経を取り除きます。器具を用いながらきれいに掃除をし、薬を入れやすくするために根の形を整えていきます。神経となるとまっすぐなイメージですが、実際には二股になっていたり三角形になっていたりと大変複雑です。そのためしっかりと薬を入れるために整えています。整い次第隙間なくきっちりと薬を詰めます。神経がない歯は再び感染しやすく痛みが再び起こる可能性があるからです。再感染を防ぐためにしっかり隅々まで詰めることが大切となり、最後にはレントゲンで確認を行っています。

歯科医院でできるホワイトニングの種類

ホワイトニングをしたいという希望を持たれる方は、色々な種類がありどれをいいのかわからないという人もおられます。どのような種類があるのか、あるいは料金がどれくらいするのかが気になるところではないでしょうか。

歯科医院で行われるホワイトニングはいくつかあり、キット自宅に持ち帰り自分で行うホームホワイトニング、歯科医師や歯科衛生士が行うオフィスホワイトニング、その両方を組み合わせたデュアルホワイトニングがあります。

歯科医院にある機材は基準に定められたもので、安心安全なので全く問題ありません。それに歯垢や歯石があると自分では落としきれないので、汚れが残ったままになります。

歯を綺麗にして白い歯にするには、歯科医院に相談することをお勧めします。

歯並びを整える必要性

歯並びを整える必要性は、こうした美しい口元をつくり出す事に留まりません。
歯並びが良くないと、「大きく口をあけて笑えない、笑顔が作れない」だけでなく、歯磨きが上手くできずに汚れが残ってしまい、虫歯や歯周病のリスクも高まってしまうのです。また、歯の上下の噛み合わせもずれてしまう為、食べ物をきちんと咀嚼出来ないまま飲み込んでしまうと当然胃腸への負担も余計にかかってしまいます。

加えて、顎にかかる力のバランスも崩れ、顎関節症などの顎のトラブルを引き起こすリスクすらあります。顎関節のゆがみは、重い頭部全体を支える首(頚椎)のゆがみにも繋がります。延いては全身の骨格のバランスにも影響を与えるのです。

たかが歯並びされど歯並び。歯並びが整っていないと、姿勢が悪くなってしまったり、それが偏頭痛や首や肩の凝り、腰の痛み、手足のしびれ等の体調不良にも繋がりかねないのです。歯の矯正治療というのは、ただ審美的な効果だけでなく、全身の健康の為にも大切な治療だと言えるでしょう。

歯ブラシの種類を使い分ける

歯ブラシはヘッドの大きさによっても複数の種類が分けられており、個人差のある口の中を清潔に保つためには使い分けが推奨されております。表面の大きな部分には通常のブラシ面積を持つものを使い、狭い部分にはデンタルタフトを使用すると綺麗に汚れを落とすことが可能なのです。ヘッドのコンパクトなモデルならば、奥歯の磨きにくい部分にも届きやすくなるのでおすすめになります。

歯ブラシの種類は他にも硬さがありますが、力を入れて磨く人は柔らかめのブラシを使う方が歯へのダメージが少なくなるのです。基本的には軽くペンを持つような力で磨き、歯だけではなく歯茎も優しくマッサージすることで歯周病を防ぐ効果もあります。歯間ブラシやうがい薬も、有効なので併用することがおすすめです。

ブリッジ治療のメリット

ブリッジとは、抜けた歯の両隣の歯を削って土台にし、クラウン(金属冠・金属でできた被せもの)を被せて真ん中の人工の歯を支える治療です。橋渡しする形態から「ブリッジ」と呼ばれているのです。保険適用となり、ほとんどの歯科医院で行われている治療です。ただし、周囲の健康な歯を削る事を避けたいという場合には、たとえ欠損歯が1本でも部分入歯が適応される場合もありますし、自由診療ではインプラントという選択肢もあります。また、審美的な面を考慮し、セラミックを使用した治療も選ぶ事が可能です。ブリッジ治療にはメリットもあれば当然デメリットも存在します。メリットで言えば、失った歯の部分に天然歯に近い歯の形態や、噛み合わせも元通りに作る事ができるという点が挙げられるでしょう。

それぞれ進路

臨床研修が終了する卒業後2年目から、それぞれ進路が分かれていきます。歯科医師免許をとってもすぐに一人前の歯科医師になれるわけではありません。臨床研修が終了してすぐに開業する歯科医師は、まずいないと言われています。臨床研修終了後の進路には、主に「大学院生」「専修科生」「勤務医」という3つの道があります。1つ目の道である大学院には試験を受けて入学します。研究と臨床をしながら4年の課程で研究論文を完成させ、博士の学位を取得します。その後有給スタッフとして大学に残る人もいますが、職員の枠には限りがありますので、希望するすべての人が残れるわけではないようです。大学での有給スタッフは、「レジデント」と呼ばれる医員と教員で、助教・講師・准教授・教授という順に昇格します。