神経を取った歯

そもそも神経をとった歯は、栄養供給が断たれ脆くなるため、クラックや破折を起こしやすく、将来、抜歯せざるを得ない可能性も高くなります。審美歯科矯正には、表から見えない根管まで適切に治療がされていない場合は、自然の歯ではないことによって起こるトラブルを抱えやすいというリスクが伴います。

最近では、審美的な要求度から、咬み合わせでいちばん力がかかる奥歯でさえもセラミッククラウンで白くしたいという希望も増えてきているようですが、重要なのは治療後もよい状態が続くことであり、食べ物の嗜好や骨格や咬む力などから判断して、適切な材料でできたクラウンを歯科医と相談して選んでもらうことが大切なようです。

それに対して歯列矯正は、自然なままの自分自身の歯でありながら、きれいに整った歯並びになるので、根管治療やクラウンによるトラブルもなく、リスクはかなり少ないといえるかもしれません。ただし、治療期間は一般的に2年前後かかり、矯正用の装置をつけるとブラッシングが難しくなるため、事前に正しいブラッシングの仕方を習得したり、虫歯がある場合は治療をすませておくことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です