痛いサインは歯科医とのファーストコンタクトのタイミング

なにもしていないの痛い、冷たいものを飲むとしみる、咀嚼のたびにズキズキ痛むなど痛みを感じたら歯科医とのファーストコンタクトの時です。これを放置してしまうと、最悪の場合痛みが神経まで達し、抜歯しなければいけない可能性があります。少しでも痛みなど異変を感じたら、大野歯科医院に相談に行くと良いです。自分では虫歯が原因で痛いのだと感じていても、実は歯周病の可能性もあります。いずれにしても、早期発見早期治療にこしたことはなく、それを心がけるだけで予防歯科ともなります。エアフローやPMTCを施術するだけでも、痛みが和らぎ歯を健康に導くこともできるようになるんです。苦手意識を持たず、歯の健康維持には受診が何より大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です