歯の根を治療する根管治療の方法

根管治療は神経があるかないかによってその方法がことなります。神経が残っている歯に行うのは初根管治療か付随治療となり、神経をすでにとっている場合は感染根管治療が行われます。
神経が残っている場合、まずは虫歯をきれいにし汚染されている神経を取り除きます。器具を用いながらきれいに掃除をし、薬を入れやすくするために根の形を整えていきます。神経となるとまっすぐなイメージですが、実際には二股になっていたり三角形になっていたりと大変複雑です。そのためしっかりと薬を入れるために整えています。整い次第隙間なくきっちりと薬を詰めます。神経がない歯は再び感染しやすく痛みが再び起こる可能性があるからです。再感染を防ぐためにしっかり隅々まで詰めることが大切となり、最後にはレントゲンで確認を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。