歯並びを整える必要性

歯並びを整える必要性は、こうした美しい口元をつくり出す事に留まりません。
歯並びが良くないと、「大きく口をあけて笑えない、笑顔が作れない」だけでなく、歯磨きが上手くできずに汚れが残ってしまい、虫歯や歯周病のリスクも高まってしまうのです。また、歯の上下の噛み合わせもずれてしまう為、食べ物をきちんと咀嚼出来ないまま飲み込んでしまうと当然胃腸への負担も余計にかかってしまいます。

加えて、顎にかかる力のバランスも崩れ、顎関節症などの顎のトラブルを引き起こすリスクすらあります。顎関節のゆがみは、重い頭部全体を支える首(頚椎)のゆがみにも繋がります。延いては全身の骨格のバランスにも影響を与えるのです。

たかが歯並びされど歯並び。歯並びが整っていないと、姿勢が悪くなってしまったり、それが偏頭痛や首や肩の凝り、腰の痛み、手足のしびれ等の体調不良にも繋がりかねないのです。歯の矯正治療というのは、ただ審美的な効果だけでなく、全身の健康の為にも大切な治療だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です