歯ブラシの種類を使い分ける

歯ブラシはヘッドの大きさによっても複数の種類が分けられており、個人差のある口の中を清潔に保つためには使い分けが推奨されております。表面の大きな部分には通常のブラシ面積を持つものを使い、狭い部分にはデンタルタフトを使用すると綺麗に汚れを落とすことが可能なのです。ヘッドのコンパクトなモデルならば、奥歯の磨きにくい部分にも届きやすくなるのでおすすめになります。

歯ブラシの種類は他にも硬さがありますが、力を入れて磨く人は柔らかめのブラシを使う方が歯へのダメージが少なくなるのです。基本的には軽くペンを持つような力で磨き、歯だけではなく歯茎も優しくマッサージすることで歯周病を防ぐ効果もあります。歯間ブラシやうがい薬も、有効なので併用することがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。