ブリッジ治療のメリット

ブリッジとは、抜けた歯の両隣の歯を削って土台にし、クラウン(金属冠・金属でできた被せもの)を被せて真ん中の人工の歯を支える治療です。橋渡しする形態から「ブリッジ」と呼ばれているのです。保険適用となり、ほとんどの歯科医院で行われている治療です。ただし、周囲の健康な歯を削る事を避けたいという場合には、たとえ欠損歯が1本でも部分入歯が適応される場合もありますし、自由診療ではインプラントという選択肢もあります。また、審美的な面を考慮し、セラミックを使用した治療も選ぶ事が可能です。ブリッジ治療にはメリットもあれば当然デメリットも存在します。メリットで言えば、失った歯の部分に天然歯に近い歯の形態や、噛み合わせも元通りに作る事ができるという点が挙げられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です