乳歯の歯並び

基本的には、幼児たちのお口に生える乳歯の1つひとつの歯にすき間ができるのは、のちに生えてくる永久歯の準備段をしている段階とされ、乳歯と乳歯のすき間には問題はないとされているようなのです。

乳歯と乳歯のすき間は「発育空隙(はついくくうげき)と呼ばれているようです。その他、歯の生えるスピードなどには、個人差が大きくわれるとされておりますが何かしらの問題を抱えるようなケースでは、早めに歯科受診をされた方が良いとされているようです。

乳歯の歯並びなどを気にされるお父さんお母さんもいらっしゃるようですが、乳歯は永久歯に生え変わる前段階の歯であることから、乳歯にすき間がみられないような場合は、定期的な専門医のチェックが必要とされてくるようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です