高齢者の「嚥下障害」を予防しよう

皆さんが口から取り込んだ食べ物や水分空気などは、「食道」や「気管」に入り込み、皆さんの身体機能を維持するためのエネルギー源として活用されていきます。口から取り込んだ食べ物や水分は「食道」へ、空気は「気管」に、本来は取り込まれるはずですが、年齢とともに「飲み込む力」や「咀嚼の力」が衰え始めると、食べ物や水分が誤って気管に入り込んでしまうことがあるようです。「飲み込む力」や「咀嚼の力」が衰えてしまい、うまく飲み込めないことを「嚥下障害」と言います。「嚥下障害」は、「誤嚥(ごえん)」を引き起こし、高齢者など免疫力が弱まっている人々が「誤嚥」を引き起こすと「肺炎」などを発症する原因に結びついてしまうと考えられているようです。「誤嚥」が引き起こす「肺炎」は、「誤嚥性肺炎」などとも呼ばれ、高齢者の死亡原因の上位にもランキングされております。「誤嚥性肺炎」の原因ともなりうる「嚥下障害」を予防するためには、毎日の口腔ケアに加え、歯科などの専門医の定期検診などを受診することが重要視されております。「嚥下障害」は、食べ物や水分などだけではなく自分自身の唾液を誤って気管に取り込んでしまうことからも「誤嚥性肺炎」」を引き起こすと言われておりますので、高齢者にとっては毎日の口腔ケア習慣の有・無が命取りとなってしまいかねないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です