50代以上の方々に、口内トラブルなどに関してアンケートを取ってみると、若い頃に正しいデンタルケアを身につけておけばよかったなどといったようなコメントが数多く寄せられるそうです。歯の健康は、失ってからでないとなかなか分かりづらいものでもありますが、実際に日本人の多くが歯の痛みや炎症が出てからでないと、歯医者さんには行きたくないというような思いがあるようです。実際に皆さんが直近で歯医者さんに行かれたのは何時頃でありましたか。最近では、予防としてご家庭でご自身の歯をケアできる様々な製品が出回っておりますので、歯医者さんでの定期検診が苦手という方であっても、ご自宅でご自身の歯のケアを試みながら、積極的に歯の健康チェックを行っていただきたいものです。お口に合った歯ブラシをお選びいただくとともに正しいブラッシングやデンタルフロスなどを使って、歯と歯のあいだの汚れをきちんと取り除くことなどが重要であるようです。ご自宅では、すでに固まってしまった歯垢を除去することは難しいですが、食後に正しいブラッシングやデンタルケアを行っていれば、ある程度の歯垢は防げると考えられているようですので、なかなか歯医者さんに行く勇気がないという方は、予防としてのご自身での正しいデンタルケアを身につけてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です