虫歯の治療法

虫歯の治療法には、大きく分けて3つの方法があります。「詰める治療」「被せる治療」「欠損を補う治療」の3つです。今回はその方法をそれぞれ診ていきたいと思います。まずは1つ目の「詰める治療」です。これは比較的軽度のむし歯に対して行う治療です。虫歯になった箇所を削り、保険適用の治療ではプラスチック(レジン)やパラジウム合金などを用いて詰めます。詰め物はインレーとも呼ばれます。保険適用外のものとなると、アレルギーや咬み合わせ、審美面なども考慮した金合金のメタルやセラミックなどで治療を行う事も可能となっています。続いて2つ目の「被せる治療」についてご紹介します。こちらは、歯髄をとったり、歯冠が大きく損なわれている詰め物による治療で対応が出来ないという場合に用いられます。「クラウン」とも呼ばれたりします。こちらも詰める治療同様、保険適用外となりますが金合金・セラミックでの治療が可能です。そして最後に「欠損を補う治療」について。こちらの治療法に関しては、残念ながら歯を失ってしまった場合に行う治療となります。歯の欠損数が少ないのであれば「ブリッジ」と呼ばる方法で、多くの歯が失われてしまっている場合には入歯治療となるのが一般的など言えるでしょう。入歯も、素材によっては保険適法で出来る物と保険適用外の治療となるものにわかれます。また、入歯やブリッジでの治療以外に、手術をしてインプラント(人工歯根)を埋入するという人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です