日頃のケア

矯正治療を始めると、日常の生活面で気を付けるべき事がいくつかあります。まずもって「食後の歯磨き」です。歯の表面にブラケットが接着されており、そこに細いワイヤを張り巡らせる事で治療を行っていきます。ですので、どうしても歯間や装置に汚れが付着しやすいのです。放っておけば無論口の中は不潔になり、ゆくゆくは虫歯になってしまうでしょう。従って、矯正治療がスタートしたら、これまで以上に丁寧な歯磨きが必要となるでしょう。しかし、虫歯以上に歯槽膿漏が心配です。歯槽膿漏の最大の原因である歯肉炎が怖いのです。ブラケットの接着剤のはみ出した部分が、歯肉の内側のポケットに入り込んだりしていると歯肉炎になりやすいのです。虫歯に然り歯肉炎に然り、予防には歯磨きが一番です。今まであまり歯磨きに熱心でなかった人も、食後に必ず歯を磨く習慣をつけてもらいたいと思います。また、矯正治療は患者さんの協力なしには成功できません。矯正力の要ともいえる治療専用の輪ゴムや、取り外し式の矯正装置ともなると患者さんご自身で管理して口の中に装着してくれなければ全く作用しません。また、マルチブラケット法で治療していく際には、細いワイヤとか小さいブラケットは、時には切れてしまったり外れてしまうという事もあります。通院の感覚は月1回だったりする為、その間に前述したようなトラブルが起こり得るのです。そのときは大した事はないと思っても、次の診察日までに日数が相当空くという事もあるでしょうから、そうなると治療にも支障をきたしてしまいます。そういう場合にはかかりつけの矯正歯科に連絡して相談してみたり、来院し診てもらうなどのメンテナンスを行う事も時には大切です。お子さまの矯正治療となると、日々のメンテナンスが大変になるかと思います。ご家庭で一緒にいる時間、一緒に歯磨きをして丁寧に磨く事の習慣づけを共同で行っていくというのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です