日本とスェーデンの歯磨きの違い

「歯」に関する、こんな面白い記事をみつけました。スェーデンと日本での80際の高齢者が、それぞれ、どのくらいの「歯」の本数を温存しているかといったような調査をしたようです。皆さんは、具体的に、どのような数字を予想されますか?私は、全く浮かばなかったのですが、長寿国と呼ばれる日本は、世界的にみても高齢者が長生きする国なのですから、北欧のスェーデンよりは、歯の本数でいったら勝っているのかなと楽観的に予想を立てておりました。すると、その記事には、年齢が80歳である日本人とスェーデン人の温存している歯の本数は、【日本人:10本以下、スェーデン人:21本以上】であるというような記述がなされていました。この数字の意味するところは、遺伝的な違いであるのか、生活習慣の問題であるのか、はたまた食文化などの異なりが「歯」の本数に影響を及ぼしているのか、なんとも不思議な衝撃を覚えた記事内容でありました。実際は、このような、驚きの数字に関して、遺伝性、生活習慣、食文化など、様々な観点からの研究がなされているようなのですが、その中でも注目されるべき観点は、デンタルケアに関する認識の違いという事柄があげられるようなのです。スェーデンでは、日本で一般的に使用されているようなハブラシを使用していないようなのです。その形状の特徴としては、小さく丸みを帯びたブラシであるようです。さらに、歯ブラシでゴシゴシ歯を磨くというよりは、そのような、小さめのブラシで、歯の細かい箇所をチョコチョコ磨くといったような作業であるらしいのです。歯の隙間や根元などの、食べカスが溜まりやすい箇所を入念に磨くのだそうです。さらにそのようなブラッシングに加え、歯磨きと同じくらい、もしくはそれ以上に大切であると考えられているのが、デンタルフロスでのケアであるようです。デンタルフロスは、歯と歯の隙間を掃除するような道具になりますが、歯ブラシで、歯を磨く以上にデンタルフロスの重要性を掲げている理由は、歯にトラブルが最も起きやすい箇所から磨いていくというような手順になったようです。そのようなデンタルケアが、スェーデンでは一般的とされ、80際にして21本以上の歯の温存を可能にしているようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です