年代ごとのデンタルケアの重要性

「歯周病」は、年齢による免疫力の低下から起りやすくなると考えられているようです。加齢によって、歯周病が発生し易くなるのであれば、10代、20代、30代・・・と、歳を重ねるごとに、デンタルケアの求められる方法が異なってくる事に、気付いていない人が多いようです。若い年代で、歯周病菌が口内で、多少の悪さをして炎症を起こしても、免疫力が活発に働きかけを行う事で、軽度な炎症であれば治癒してしまっているようなのです。そのような事実を知らずに、いつまでも同じようなデンタルケアで十分であろうと思い違いをしていると、いつの日か、歯周病菌によって、歯の大多数を失ってしまうといった現実に、向き合わざる得ない日に直面してしまう人も少なくないようです。「歯」の健康は、年齢とともに失われるのが、自然現象であると思っている人々には、正しいお口のお手入れには、その損失を予防する事ができるという事柄に気付いて頂ければと思っています。毎日のお手入れに加え歯科医院などで、定期検診を受け虫歯や歯周病を予防することは、「歯」の健康だけではなく、皆さんの全身に関わる健康をサポートしてくれる役割を果たしてくれているのです。「歯」の健康の守る事は、「噛む」力によって「咀嚼」が脳への刺激を促進し、脳への血流を促す事から、認知症などの予防には働きかけると言われています。「噛む」という行動が、血液を脳へ送り込む働きをするポンプの役目を果たしているようなのです。ですから、健康的な「歯」を失ってしまうと、歯をくいしばったり「咀嚼」する力が弱まってしまうので、ボケが始ったり、認知症のような症状が現れやすくなると考えられているようです。このような状況を回避する為にも、年代ごとに必要なデンタルケアを知識として蓄え、また必要に応じて実行していく事は、健康的な老後のライフスタイルを設計する上での大切な骨組みとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です