歯磨きに関する誤解

歯磨きは口腔の健康、全身の健康を守る上で大切な行動ですが、毎食後に磨くのは効果が小さいどころか、却って悪影響を及ぼすことがあります。それは、食事で分泌された唾液を洗い取ってしまうからです。唾液には口腔の環境を整える働きがあり、虫歯を予防したりします。虫歯は歯のエナメル質が酸で溶けることで生じますが、これを防ぐのが唾液なのです。ただ食後の歯磨きが習慣となっている人にとっては今更止めるのは難しいでしょうから、食後すぐではなく、30分くらい間を空けてから磨くようにしましょう。そうするだけで唾液の効果は発揮されます。ところで歯磨きに関する誤解はタイミングだけではなく、頻度や磨き方、道具についても存在すると指摘する人もいます。歯磨き剤は界面活性剤を多分に含んでおり、それで何度も歯を磨くべきでないと考える人もいれば、歯の表面に傾注した磨き方から脱却すべきだと喝破する人もいます。歯磨きの目的はプラークを除く事なのですから、表面を単純にゴシゴシするだけでは効率的に清掃することは出来ないというわけです。一生懸命磨いているつもりでも、歯学的にはプラークを取り除けていないのであれば、一刻も早く正しい磨き方を身に付ける必要があります。正しい磨き方は歯科医院で指導を受けるのが一番ですが、ここでも簡単にご紹介したいと思います。プラークを除くためには、まず歯間に注意して磨くようにしましょう。歯肉と歯との境界にも気を払います。そうすることで、歯周病に罹るリスクは減少します。この他にも、奥歯の溝等は注意を要する箇所として挙げることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です