歯磨き粉の成分

歯磨きをする時に、歯磨き粉を使用する人も多いでしょうが、その成分に注目したことはあるでしょうか。歯磨き粉は人の口内で使われるものですので、安全性が約束された成分のものが市場に出回っています。「化粧品」として扱われている歯磨き粉は、湿潤剤、清掃剤、発泡剤、香味剤、粘結剤が基本成分となっています。効果は、ステイン(着色汚れ)の除去、口内の洗浄、歯石・口臭の予防が期待されます。化粧品とは別に「医薬部外品」と分類される歯磨き粉は、さらに薬用の成分が多くなっています。虫歯の発生や進行、歯肉炎や歯周病の予防などの効果があるとされています。
歯磨き粉には、基本的に成分表示がされています。例えば、グリセリンやソルビトールは湿潤剤と呼ばれ、適度な湿り気を与えます。サッカリンナトリウムやメントールは使用後の爽快感、炭酸カルシウムや無水ケイ素は歯を傷つけずに汚れを落とす効果があります。自分の口内状態を確認しながら、歯磨き粉を選びましょう。
歯磨き粉は、大きく分けて3種類あります。1つ目は粉歯磨き剤と呼ばれるもので、その名の通り粉末状になっています。清掃剤が多く含まれていることから着色汚れの除去に大きな効果があり、タバコのヤニなどが付着した人用のものもあるそうです。2つ目は、液体の歯磨き剤です。液体状ですので、口に含めばすぐに広がります。研磨剤が含まれていないため、歯を傷つける心配がありません。洗口液と違って必ずブラッシングをする必要がありますので、注意が必要です。3つ目は、練り歯磨き剤です。チューブに入っており、歯磨き粉としては一般的です。そのほとんどに薬用成分が含まれており、医薬部外品として扱われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です