日頃のブラッシング

日常的なブラッシングに何か問題があった場合、本人が気づくことはできるのはだいたい病気にならないと分かりません。日常的なブラッシングに問題があった場合は直ちに改善を行うことで病気を回避することができるわけですから、第三者の視点が必要であるということは言えるでしょう。 日常的に習慣として歯科医院や歯科衛生士のもとなどに行ってブラッシングのアドバイスを受けるという機会をきちんと設けることが重要でしょう。これは、高齢者だけに言える問題ではなく子供などの場合にとっても重要で、小さい頃にブラッシングの悪い癖をつけてしまうと、なかなか大人になってからも改善することができずに、そのまま病気につながってしまうというケースを聞いたことがあります。

自分の歯の状況がどのようになっているかということを、自分自身で確かめるためには、大きめの鏡などを使って、口の中全体を見渡せるようにすることがポイントだと思います。歯ブラシは、大きさに限界があり、一度で磨ける本数は限られているため、一つ一つの歯を点検しながら磨くという事が将来の病気を予防するポイントであるという風に言っていいでしょう。

少し応用的な方法ですが、スマートフォンやデジタルカメラなどで、口の中を撮影して、どの部分に汚れが溜まっているのかということを確認する手段も、いいかもしれません。また、動画機能を使えばブラッシングをしながら、自分自身の口の中を移すことで、どこが磨けておりどの部分に歯ブラシが届いていないのかということを、判断できるという点でも自分自身の口の中を撮影してみるというのは、お勧めの方法であるという風に言えるのではないでしょうか。これは歯科医院でもっぱら用いられている方法で、歯科医院の先生が患者の口の中を映しながら説明をするのと同じ原理でやることができるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です