細菌感染予防

毎日、毎食後歯磨きをしたとしても、なくなってくれないのが、私たちの口の中に棲んでいるとされる「常在菌」と言えるでしょう。この常在菌は、タチの悪いことに、口腔内や歯の病気だけでなく、肺炎や帯状癌疹などの原因にもなると言われています。たかが虫歯と思っていては、最悪、こうした病気になってしまわないとも言い切れません。口腔内だけでなく、体全体の感染症予防のためにも、最高のセルフケアと言えるのが「歯磨き」でしょう。歯磨きをして口をきれいにしておくことが、トータル的に健康維持に繋がっていくと言えるでしょう。近年、社会で問題視されている「誤嚇性肺炎」の予防にも、実は口腔ケアが重要視されていると言われています。これは、不潔な状態の口から食事を摂取し、食物を飲み込む際、誤って気管に入り、それとともに細菌が肺に入ってしまうというプロセスが挙げられているようです。その結果、思わぬ原因から肺炎を引き起こしてしまうようです。若年層ではあまり見られませんが、高齢者の方などは、最悪、死に至ることもあると言われているようです。このことからもわかるように、虫歯にならないと考えられる「入れ歯」などの洗浄も重要なセルフケアであるということが言えるでしょう。また、感染症以外にも歯周病と「糖尿病」や、歯周病と「リウマチ」と言った組み合わせの関係が注目されていると言われています。一見、何の関係もないように思われる感染症も、直接的に口から食べ物を摂取している限り、歯磨きというセルフケアが一番の予防策と言えるのかもしれません。定期的に歯医者さんに通っていたとしても、安心せず、コツコツ磨いていくことが大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です