清掃部を意識しよう

口腔内でとくに清掃したい部分がある場合は、それぞれに適した歯ブラシを使用すると、より高い清掃性を得ることができます。
歯間部は、口腔内でもっとも汚れやすく、かつ清掃しづらい部分です。個人の歯並びによってその状態や形態は異なりますが、一般的には、歯ブラシの刷毛部は、直線平切り型、直線段切型、山切り型のものが歯間部やその隣接面の清掃に向いています。さらに、デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシを併用するのが良いでしょう。
口腔機能が低下している人や、義歯を装着している人は、歯肉や口蓋、頰粘膜、顎堤などに汚れが付着しやすく、誤嚥性肺炎や口臭の原因になると考えられています。歯肉や頰粘膜には、毛先が細くてやわらかな歯ブラシを使用するのがおすすめです。口腔粘膜清掃用歯ブラシは、頭部が大きくつくられており、軟らかい毛で広い粘膜面を効率よく清掃できるように設計されています。また、ワイヤーの先端に軟らかい毛が球状に植毛されているブラシなどもあります。
歯肉を傷つけないように歯肉溝、歯周ポケット内に入り込めるように、毛先がテーパード毛や先端極細加工毛を用い、毛の長さをいくぶん長めにつくられた歯周ポケット用の歯ブラシもあります。ラウンド毛と段差植毛され、歯面に直角に当てると短いラウンド毛が歯面を、長いテーパード毛が歯周ポケットに到達するように考えられた歯ブラシもあります。
舌表面の舌乳頭に、脱落した上皮細胞、細菌、白血球、食べ残しなどが沈着してできた泥状の舌苔は、口臭の主な原因となり、細菌の温床となるだけでなく、味覚の低下を招くこともあるので、除去が必要です。舌清掃専用の用具もあり、細かな溝がついた清掃効率のよいへらタイプ、植毛部があり舌乳頭部の凹凸に入り込んで舌苔を除去するブラシタイプなど、自分に合った使いやすいものを選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です