口腔環境を意識しよう

歯ブラシを選ぶ際に、口腔の大きさや歯と歯肉の状態などの環境や使用目的に合った歯ブラシを選択することも大切になります。
歯並びの矯正治療をしている人の口腔内は、複雑な環境で清掃性が低下しがちで、口腔疾患のリスクが通常よりも高くなっているので、より注意が必要です。矯正装置装着中の口腔内を清潔に保つために操作性を重視して、刷毛部が山型、U字型、2列植毛になっているなど特殊な形態の歯ブラシがつくられています。しかし、歯ブラシだけで十分な清掃効果を得ることは難しいため、専用タフトブラシや一歯磨き用の歯ブラシを併用することをおすすめします。
歯周疾患を持っていたり外科処置後の人は、口腔内の状況に合わせた歯ブラシ選びが大切です。歯肉に炎症があったり、術後間も無くである場合は、やわらかい毛の歯ブラシを選ぶようにしてください。歯肉に過度に毛先が当たらないように、刷毛部のカットの仕方や毛先の形態などを工夫している歯ブラシもあります。毛先がよりポケットへ到達しやすいように、先端極細加工毛を使用した歯ブラシもいいでしょう。
インプラントをしている人用の歯ブラシもあります。十分な清掃が必要なことはもちろんなのですが、インプラント部分は磨きにくく清掃が行いにくいので、状態に適した歯ブラシ選びが重要になります。インプラント部の清掃には、周辺の軟組織を傷つけないように、やわらかめの毛の硬さのものを用います。インプラント専用のものとしては、毛が柔らかく長めで術後のケアに適したもの、植毛部の幅が細く歯頸部に当てやすいように工夫されたものがあります。
そのほかには、歯の磨き方ごとに適した歯ブラシもあります。歯周ポケットや歯肉溝の清掃をするための磨き方・バス法をする時には、やわらかめの毛の硬さで直線平切りになっている歯ブラシを選ぶといいでしょう。歯肉の改善度に合わせて、植毛を1列、2列、3列と増やしていくタイプの歯ブラシ、柔軟性のある先端極細加工毛を使用し、とくに意識をしなくても毛先が歯周ポケットに到達しやすいようにつくられた歯ブラシもあります。さらに歯肉マッサージのためのローリング法に適した、毛に弾力があり、毛束が直線段切りで疎毛のタイプの歯ブラシもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です