ライフステージを意識しよう

歯ブラシを選ぶ際には、ライフステージに適したものを選ぶことも大切です。
乳児期の歯ブラシは、歯を磨くというよりは、口に入れて噛んだりしゃぶったりして、歯ブラシに慣れさせるための時期に当たるので、高い安全性が確保されているものがいいでしょう。
幼児期の歯ブラシは、発達段階によって頭部の大きさや頸部の長さが2~3段階に分けられています。把柄部は、自分で歯を磨きはじめる時期に当たるので、子供の手でもしっかり握れるように太めにつくられています。毛の硬さは、子供のゴシゴシ磨きでも歯肉を傷つけないように、やわらかめとふつうの2段階でつくられており、材質も先端に向かって細くなっていくテーパード毛を使用するなど配慮されています。また、楽しく磨けるように動物やキャラクターが描かれていたりと、デザイン面でも工夫がされています。
乳幼児期には、保護者が磨いたり、仕上げ磨きをする時期でもあるため、親が使うための歯ブラシがつくられています。頭部は小さく、口腔内が見やすいように、頸部は長くつくられており、把柄部も持ちやすいように長く太めになっています。
乳歯から永久歯へと生え変わる混合歯列期に当たる学童期は、口内環境が複雑になっていきます。磨き残しが生じやすく、生えはじめた永久歯は虫歯にもなりやすいので、この時期はより念入りにブラッシングを行い、必要に応じて保護者の点検磨きを行うのが良いでしょう。この時期の歯ブラシは、どんな持ち方をしても握りやすいように把柄部は太めにつくられています。毛の硬さはやわらかめとふつうで、安定していない歯並びでも使いやすいように毛束の間隔を大きく開けるなど、口腔の成長に合わせて選べるような歯ブラシもつくられています。
思春期には、永久歯列が完成しますが、歯列不正が現れる時期でもあります。また、生活習慣や食生活の乱れ、ホルモンの影響などから虫歯や歯周病のリスクも高まるので、正しいブラッシング法を身につけることが大切になっていきます。歯ブラシの頭部は、一般の成人用のものよりは少し小さめで、毛の長さも短めにできており、奥歯や歯列不正部にも使用しやすくなっています。毛の硬さも、やわらかめとふつうに加えて、かためもあり、毛束もプラーク除去に適したラウンド型や歯間部にも挿入しやすいテーパード型など選択肢が広がります。
成人期に入ると、虫歯や歯周病、歯の喪失などにより、口腔内の環境が様々になるため、個人個人に合わせて選べるように、歯ブラシも多様な大きさ形態のものが市販されています。女性向きに頭部を小さくしたり、ネックも長くして操作性を上げ奥歯までよく届くように工夫された歯ブラシもあります。毛先はラウンド毛やテーパード毛で、毛束は平切りで3列のものが多いですが、最近は歯周ポケットや歯間部にまで毛先が到達させるために、短いラウンド毛と長いテーパード毛を段差になるように植毛した歯ブラシもつくられています。硬さも2~5段階に分かれていて、ブラッシングの強さや歯肉の状態を見ながら選べるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です