歯磨きがしにくい人向けの歯ブラシ

何らかの治療中で普通の歯ブラシでは清掃が行き届かない人や、運動機能に影響のある疾患などによる後遺症などで歯ブラシをうまく扱えない人に向けた歯ブラシも多くの種類のものが作られています。

とくに脳血管障害などで身体に麻痺がある人などでも、残存機能を活用したり機能回復を目指すということからも、本人で清掃できるということは大きな意義があります。

【タフトブラシ】

タフトブラシはプラスチック製の柄の先に小さな歯ブラシをつけたもので、通常の歯ブラシでは毛先が届きにくく、磨き残しをしやすい部位を効果的に磨くための歯ブラシです。

奥歯や歯間部、歯周ポケット、孤立歯、矯正装置周辺、インプラント周辺、開口量の少ない方など、適用される状態の方はとても多いのが特徴です。ブラシは円形の穴に植毛されていて、内側が長い山型のものが多くあります。把柄部は通常の歯ブラシよりも細めで持ちやすいように丸みがあり、頸部はあらゆる部位に届きやすいように長くなっている特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です