清掃部による歯ブラシの分類

【歯肉溝、歯周ポケット】

歯肉を傷つけずに、毛先が歯肉溝や歯周ポケット内に入り込めるように、テーパード毛、先端極細加工毛が用いられている歯ブラシが使用されます。

ラウンド毛と段差植毛されているものもあり、歯の表面に直角に当てると短いラウンド毛が歯の表面を、長いテーパード毛が歯周ポケットに到達するように作られています。

【舌】

舌表面の舌乳頭に、分泌物や細菌、食物残渣などが沈着してできた泥状の舌苔(ぜったい)は、口臭の主な原因で細菌の温床となるばかりではなく、味覚の低下を招くことがあります。

舌清掃専用の用具にはへらタイプとブラシタイプの2種類がありますが、それぞれの特徴を把握して、使用者が使用しやすいものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です