歯ブラシの構成と選びかた

それでは、歯ブラシの選び方はどのようにしたら良いのでしょう。

それにはまず、歯ブラシの構成を知る必要があります。

歯ブラシは、ナイロン毛あるいは天然毛を植毛してある頭部、握る部分の把柄部(はへいぶ)、頭部と把柄部をつなぐ頸部から構成されています。

頭部には刷毛と刷毛を植え込んだ植毛部があります。刷毛の毛先、先端をつま先、後端をかかとと呼びます。各部位の詳細な説明は後述を参考にしてください。

では、歯ブラシの選び方ですが、まずは前述した「歯ブラシの所要条件」を満たしていることが前提となります。

【歯ブラシの所要条件】

  1. 口腔内で手軽に効果的に使用し得るもので、複雑な操作を必要としないもの
  2. 刷毛面は、歯の露出面、特に隣接歯間部にも到達して清掃でき得るもの
  3. 各毛束も感覚が十分にあいていて、容易に清掃ができ得るもの。また、毛束と植毛部は密着していて、汚物などの入らないようになっていること
  4. 把柄や刷毛の質は丈夫で変形がしにくいものであり、また、植毛が強固で、使用時に破折や脱落をしないものであること
  5. 有害物を溶出したり、歯質や軟組織を破壊しないこと
  6. 特別な効果を標榜するものは、その理由が明示されていることが望ましい

これは厚生省(現在の厚生労働省)がまとめた『歯口清掃指導の手引き』によって明示されています。

日本で市販されている歯ブラシは、法律によってその安全性と所要条件が満たされ、またJIS(日本工業規格)によって品質も保証されています。

それらを踏まえた上で、この項目では歯ブラシの構成と、歯ブラシの選び方を細かく解説していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です