歯ブラシの固さ

次に考えなければならないのは、歯ブラシの硬さについてです。

一般的には、歯ブラシの硬さには「硬い」、「普通」、「柔らかい」、「非常に柔らかい」、などといった種類があることが、知られており、自分自身の歯の状況や、歯茎の様子によって、使い分ける必要があると言えるのです。若い人や、高年齢者の中で歯茎が健康であるとされる人などは、硬い歯ブラシか、普通の歯ブラシを使うのが良いでしょう。その、一方で、高齢者の方などで歯茎が弱っているとされている方などは、柔らかめの歯ブラシを使うことが、必須条件となっていると言えるでしょう。もしも、歯茎が弱っている人が、固い歯ブラシを使ってしまえば、口の中が血だらけになってしまう、という事態は避けられませんし、長い間、そのような歯ブラシを使い続けてしまえば、歯ブラシなどによて、口腔内に大きな傷がついてしまい、重大な病気を引き起こしかねませんから、とにかく、注意をしておくことが必要です。

皆さんのイメージでは、硬い歯ブラシの方が、簡単に汚れを取ることができる、と考えられるかもしれませんが、決して、そんなことはありません。十分に、ブラッシングをすることができれば、柔らかい歯ブラシでも、固い歯ブラシと同じ以上か、それ以上に、ブラッシングの効果があるということを、知っておく必要がある、と言えるのではないでしょうか。個人的には、固い歯ブラシは、いかなる場合においても、あまりお勧めすることができません。歯の隙間を磨く時だったり、という風に、局所的に使う際は、効果を発揮するかもしれませんが、そうでもない限りは、使わない方が良いかもしれませんね。